日焼け止めを選ぶ基準は?

紫外線をカットする日焼け止めの化粧品はあるのですが、
これってどれでもいいの?

数値を必ずチェックして自分にあったものを選ぶようにしましょう。
SPFとかPAの意味をちゃんと知っておくことも大事です。

そういった日焼け止め用の化粧品にはSPFとかPAということが書かれています。値で。

これってどういったものかというと、紫外線カットの効果の強さを表したものなんですね。
これが基準を基準にします。

SPFというのは紫外線のb級をカットするときに用いられるもので数値で表示されます。
サンバーンという肌が赤くなる日焼けが起こるまでの時間を何倍に延ばせるかを示すときに使われるものです。範囲は2-50。50を超えたら50+とかかれています。

PAは、紫外線のA波をカットするときに使われます。
+から++++までの4段階で表現されます。数が多いほど紫外線をカットする効果が高いということになります。

普段使う上ではSPF20のPAが++くらいがちょうどいい感じです。
何かのイベンtの事で外で過ごす時間が長くなるときや、日にあたっていると肌が赤くなりやすい人は少し強めのものを使うといいです。

ノンケミカルと書かれたクリームタイプのものか、乳液のものが肌に優しいのでおすすめですよ。

紫外線のA波、B波についてはこちらが参考になるかも。
→ 紫外線はシミ・シワ・たるみに本当によくないのか?

日焼け止め効果の表現方法

SPF・・・紫外線のB波(UVB)を防ぐ効果の高さを数値で表したもの。

PA・・・紫外線のA波(UVA)を防ぐ効果の高さを4段階で表現したもの。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする