紫外線はシミ・シワ・たるみに本当によくないのか?

日焼けしていないからダメージはない?

室内で過ごしているし、日焼けもしていないのでお肌へのダメージはないということはありません。
じわじわと蓄積され肌老化へつながります。

日光を浴びると、お肌は紫外線から守るためにメラニン色素が生成されます。これが原因で日焼けになるんですね。

→ 紫外線対策について今すぐ知っておくべきこと

そして時間が経ってメラニン色素は不要になります。これがターンオーバーによって老廃物とともに外に出されるわけなのですが、歳を重ねていくことによって、これが段々と鈍くなってくるんですね。肌の代謝が衰えてくることが原因とされています。
そうすると排泄されずに残ってしまって、シミの原因となってしまうんですね。

シワやたるみなどが現れてくるのは、皮膚のコラーゲンが破壊されてしまったり編成してしまったりするからなんです。
ではなぜそうなるのかというと紫外線が原因でこれによって活性酸素が発生し、悪さをするためなんです。

これまでに浴びてきた紫外線の合計量が関わってくる肌老化。
毎日紫外線を浴びてダメージが蓄積されていくんですね。そうして許容量を超えた時点でシミができてしまったりするのです。

紫外線について

紫外線は太陽光に含まれる光線の一種。A波、B波、C波の3種類があります。そのうち地上まで届くのはA波とB波の2つ。
A波は波長が長く、真皮にまで届きます。これによって肌老化が引き起こされてしまいます。そして、B波は波長が短く、肌の表皮に影響を及ぼします。

ポイント

・反射、錯乱
空気中で紫外線は錯乱します。地面でも反射しますので日が下にいるからといって安心できません。

・雲、ガラス
紫外線は、雲やガラスを通り抜けます。曇りだから、室内だからと安心はできないんですね。

・まぶしい、暑い
紫外線というのは目に見えませんし、熱くもないんですね。なので紫外線を浴びていても実感がないんです。

これらの紫外線のケアを行っていく必要があるわけなんですが、内面的なケアって考えてみたことありますか?

私は、肌の奥の紫外線ケアを行っている<ロスミンローヤル>というものをのんでいるのですが、これはオススメです。

シミのケアができるというのが素晴らしいのですが、やっぱり若さをキープするために、ということが主な目的なんです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする