紫外線対策について今すぐ知っておくべきこと

冬でも紫外線対策は必要ですか?

真冬であっても紫外線のダメージはあります。肌老化は進行しているんですね。

紫外線が強いハルヤ真夏だけに対策をすればいいというわけではないんですね。
太陽光から来る紫外線というのは肌老化を進行させてしまう大きな要因の一つとしてあげられます。

紫外線は以外かもしれませんが、熱を持ちません。そして、目にすることができないので、どれくらい紫外線を浴びているのかわかることができないんですね。

日光を浴びることによって、肌を防御するために肌の内部でメラニン色素がつくられます。肌が黒く日焼けするという原因ですね。

この紫外線を浴びることを繰り返していると、皮膚構造が変化していって、段々と対処できない感じになってシミになってしまうんですね。

さらに残念なことに、紫外線が肌の奥に突き刺さるように達してしまうと、これがコラーゲンを破壊してシワを作りだしてしまいます。

美白を目指す人にとってはこれはもう避けなければならない事なんですね。

そして、紫外線を浴びることによって受けるダメージは毎年リセットされるわけではなくて、段々と蓄積されていくんです。なので、ちょっとだけ紫外線を受けたとしてもkろえが蓄積されていくということを覚えておいたほうがよいでしょう。

冒頭でも述べましたが、春から夏が紫外線が強いわけなのですが、実はあまり天気や季節は関係ありません。なので、真冬の曇り空であっても、しっかりと私達のところへ届いているんですね。実は。

なので、毎年夏だけ紫外線ケアをする必要があるわけではなくて、オールシーズン紫外線からお肌を守っていく必要があるんです。

■紫外線の特徴■
・反射や散乱します。
紫外線は空気中で産卵したり、あとは地面で反射したりします。直接当たるよりはいいのですが、日陰や日傘でも浴びてしまうんですね。

・窓ガラス、曇だからと安心できない
今日は曇りだから大丈夫だとかそういったkとおはないんですね。曇りの日でも紫外線(UVA)は届きます。部屋の中のガラスも突き抜けてきます。

・熱くなく、まぶしくない
紫外線が肌にあたっても熱くなく、そして、眼に見えないので眩しくないんです。紫外線を感じることはできないんですね。

・時間が短くてもダメ
紫外線からのダメージは蓄積するので、短い時間だったとしてもhだろうかを勧めてしまうんです。

ロスミンローヤルは、内部から肌の紫外線対策を支援してくれます。
ロスミンローヤル

小じわやシミ対策としてアピールされていますが、ケアというか、防御のためにもいいと思って、私は使い続けています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする