化粧水と美容の関係についてちょっと考えてみよう。

化粧水はたっぷりつければそれなりに効果はあるのでしょうか?

洗顔後に化粧水をたっぷりと付けていました。これでとりあえずの現状維持だろう、保湿は保たれて、うるおいは保持されるだろうって。

しかしこれは全くの逆効果。
どこでもいわれているのかもしれません。CMの影響かもしれません。
大体の人が、お肌の潤い補給のために、化粧水をつかように考えると思います。

化粧水をつけたばっかりのときとか、付けている時とか、水分がついているので、それなりに保湿していて、シイ分がお肌に浸透しているような感じもしています。
それが本当にそうなのかどうかは別として。

しかし、現実は、水なんですね。化粧水の成分のだいたいは。なので、これってどれだけつけてもそれなりに時間がたてば蒸発してしまって、あなたのお肌に残る、残り続けるなんてことは考えにくいんですね。

ここに保湿成分があれば、うるおいを閉じ込めることができるんですね。でも大体は、化粧水に残っているのは水溶性のもなので殆どが水分とされているんですね。

化粧水には保湿効果というのは求めてはならないんですね。実は。
これには水っぽくするためには、それなりに理由があって、そこに高濃度の保湿成分を配合するには、水っぽくなくなってしまうので、難しいとされています。

美肌を求めるのであれば、ビタミンC誘導体などを含んだ美容液を使っていくほうがまだ効果的ですし、そちらのほうが期待できます。

ビタミンC誘導体には、美白効果や、ハリを与えたり、ニキビ予防などがあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする