お肌のための美容液

美容液はスキンケアでは欠かせない存在となっています。
美容液と一言で言っても、いろいろとあります。これが自分の気に入ったものと、自分にあっているものというのが必ずしも一致しているかというとそうでもないんですよね。

難しいところではあると思うのですが。
テクスチャーもいろいろあって、クリームっぽいものから、水っぽくてサラサラしているものまで。

重要なのは高濃度で有効成分がはいっているということですよね。
それぞれがどのように効果があるのか、ということを把握した上で使用していくとなお良いかと思います。

求める効果としてはアンチエイジングや保湿、美白などがあります。それぞれが総合的に良いというよりも、それぞれに特徴がある感じですね。

オススメというか定番はセラミドですかね。
または、セラミドに似たようなはたらきをする物質が配合された保湿効果が高いものがいいですね。それらがのものがはいっていなくても保湿効果が高いものがいいですね。

お肌が弱い感じの人は、サラッとしたジェルタイプのものを使用すると刺激も少ないのでいいですね。その中でも固いジェルの場合は刺激が強いものが多く含まれている場合もあるので注意が必要です。

◆保湿タイプ
肌をしっとりとさせて、肌内部に水分を閉じ込めます。
成分
セラミド、スフィンゴリピっど、ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチン、レシチンほか

◆美白タイプ
シミを予防して、肌の内部でメラニン色素がつくられてしまうのを防御します。
成分
アルブチン、エラグ酸、ルシノール、ビタミンC誘導体、プラセンタエキス、カモミラET、トラネキサム酸、t-AMCHA、リノール酸、油溶性甘草エキス、ハイドロキノンほか

◆アンチエイジング
コラーゲンを増加させたり、肌のターンオーバーを活発にしたりします。

成分
ビタミンC誘導体、ナイアシン(ビタミンB3)、各種ポリフェノール、甘草エキス、レチノール、AHAほか

また、内部から栄養成分を摂り入れるために、こういった方法もあります。

→ 医薬品の小じわ対策

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする